Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

卵殻膜化粧品の危険な落とし穴とは?

卵殻膜化粧品の落とし穴には注意が必要!

どんな化粧品でも成分によっては合う合わないの個人差があるのは仕方のないことですが、こんなに効果があると評判の卵殻膜化粧品でさえ「落とし穴」となる部分はあるのです。

例えば、アレルギー。成分は卵を使っているものですから「卵アレルギー」の人にとっては使ってはいけないものになります。敏感肌の方なども本格的に使い始める前に、二の腕の目立たない部分でパッチテストをしてからの反応で自分に使える成分かどうかの判断をしてからの方が望ましいですよね。

香り・香料なども好みの個人差が出てしまう部分ですが、スキンケアは特に鼻にもつけるものですから成分はとてもいいのに「ニオイがダメ。。。」そんな場合にも使い続けることは困難になってしまいます。

しばらくして香りが薄れて気にならなくなるとか、使っていると慣れて気にならなくなるくらいでしたら、試してみてもいいかもしれません。特に卵殻膜化粧品は特有のにおいが気になるといった口コミもありますから、まずはお試しで実際に使ってみるのが分かりやすいと思います。

身近な素材なので手作りで卵殻膜化粧水などを作られる人もいらっしゃるのですが、落とし穴としては「傷みやすい」ところでしょうか。きちんと適切な温度環境で保存するなどの管理が手作りのスキンケア用品には大切な部分です。

卵殻膜化粧品の落とし穴についてのまとめ

卵殻膜化粧品の落とし穴といった一見マイナスの言葉の様ですが、「卵アレルギー」などで肌に合わない場合を除くと、メリットの方が多いのが嬉しいところです。口コミでも見かけましたが、実際に自分が使っても感じたのが「卵殻膜化粧品の落とし穴」的な一番の部分としては、肌の再生によさそうと実際に購入していざ使ってみようとすると・・・「ん?」「このニオイ?」なんか漢方みたい?

程度の、いわゆる「フローラル系」の香りとはちょっと違っていた経験があります。この卵殻膜特有の匂いとして感じたのは「ビューティーオープナー」でした。でも、実際に使ってみると数回で慣れてしまい、苦手なニオイでもなく「フローラル系ではなかった」程度で、肌の変化の方がよかったので、むしろ好きになっています。数滴で肌にしっかり浸透してべたつきもなく、細胞が元気になる感じで今も使っています。

94%だった卵殻膜エキスが95%になってさらにパワーアップされています!

ぜひご自分の肌で実感されて欲しいと思う逸品です。
30代からの悩み肌に【ビューティオープナー】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。